2012年9月11日火曜日

黙祷

人には色々な忘れられない日がある

結婚記念日

誕生日

子供が産まれた日

それは人それぞれだ

しかし

人間として絶対に忘れてはいけない日がある

9.11

3.11

この日だ



どうしても時が進めばあの頃の悲惨さが薄れ人々は忘れていく

日本で起きていた戦争の事ですら日本人は忘れている

しかし

これに関わった人々は死ぬまで忘れることはない

僕らでは計り知れないものを一生背負っていくのだ

僕達は確かに何も出来ない

でも

忘れないことは出来る

これが何になるかはわからない

同じ人間

同じ日本人

同じ仲間

として『忘れない』っいうことは当たり前のこと

僕はそう思います









0 件のコメント:

コメントを投稿