2011年2月28日月曜日

古都 京都

ほんとに素晴らしい街

よく京都には行くが、必ず行く場所がある

『源光庵』

である

たぶん京都好きじゃない人でも見たことがあるのではないと思うこの窓

『悟りの窓』と『迷いの窓』

この窓との出会いは偶然なのだ

幼なじみの友人と京都に出掛けた際にこの付近にある龍安寺を探していたら道に迷い、車をUターンした駐車場の寺がこの寺だった

休憩がてら入ったらこの窓が目の前に

人がいなかったのと疲れていたのが重なり僕らは30分近くその場に座り窓を眺めていた

ただ眺めていた

円と四角の窓の向こうには何も見えなかった

まだまだガキと云うことだと感じた

ただ『無』にはなれた気がした


京都には『無』になれる場所がたくさんある

そこには創った人達が何を込めて創った

『心』

がある

だから京都が好きな理由がそこだ

心があるから無になり悟れる

そういうものだ

まーまだまだな自分だが、最近そういうのがわかってきた

皆さんにはこの窓の向こうには何が見えますか?

京都へ行く機会があったらこの窓を見て自分の心の窓を開けてみるのもいいものかと

2011年2月24日木曜日

kuuuuuuu

うわーひっさびさの更新

最近の自分といえば

Soccer

学校をやめる学生の相談と処理の嵐…

の繰り返しの日々…

まー年度末やからしゃーないな

最近はちょっと落ち着いたので、あまり期間あけずに更新します

とりあえず最近の私のテンションを一枚に納めました

でわまた