2011年11月6日日曜日

闇からの

大学サッカー部の運命の日

一部昇格をかけたプレーオフ決勝

福井工大 vs 信州大学

1-3

敗戦…

うまくいかないですねー

内容はどっちもどっちだったんですが不用意な失点がやっばり負けに繋がる

長年

『サッカー』

っという、スポーツをしていて常に

『難しいスポーツ』

って感じますが、昨日ほど難しいって思った日はない

今年の中頃から小阪総監督から

『大学の指揮をとってほしい』

っと言われて自分なりにやってきた

全ては一部昇格の為と思い

ほぼ毎日練習し

ほぼ毎日走らせ

ほぼ毎日部員とぶつかる

しかし

勝てない

これが現実です

もう1つ現実があります

まだ終わりじゃない

っということ

まだ、一部のteamとの入換戦のチャンスがあります

それに勝てば一部昇格

それに負ければ来季も二部

天国と地獄の差

残りの一週間必死にやっていきたいと思います

試合終了後、部員全員が泣いてました

泣きたい気持ちをグッと抑え部員を起こし背中をたたきねぎらい顔をあげさせました

そして部員に

『頑張っていれば必ず勝てるっと言うわけではない。しかし俺が知っているなかで勝てるteamは努力しているteam。だからお前らも必ず勝てる。』

っと伝えました

この涙を嬉し涙に

信州の歓喜を今度は自分等が

応援してくれる人の為

そして自分達の為

頑張ります

雨が降るなか多くの方が応援しにきてくれました

ほんと励みになります

心から感謝します

今ほんとこの写真のように真っ暗な空ですが、その先の小さな光の為にもう一度やっていきたいと思います

応援よろしくお願いします

0 件のコメント:

コメントを投稿