2011年9月12日月曜日

幻の城

幻の城と言えば ?

っという質問に対して歴史好きな人は

『安土城』

っと答える

しかし、我が福井県にも幻の城っと言われる城が実在した

『北之庄城』

北之庄城は織田信長の家臣

柴田 勝家

の城

豊臣秀吉に攻められ、信長の妹お市の方と自害した城だ

その戦いで城は燃えてしまい、現在は跡地に柴田神社っという神社が建っている

じゃなぜ幻なのか

この北之庄城の資料が全くないのだ

優一残っているが、ルイス・フロイスが著書に書き残した

『北之庄城は信長様の安土城を越える雄大な城』

の一行だけ(極端に言うと)

だから復元すら出来ないのだ

なんともmysterious

だから日本の歴史は面白い

現在柴田神社に写真のようにイメージの模型が出来ている

これがまた以外にでかくビックリ

ちょっとタイムスリップしたい方は是非どうぞ

クルージングがてらどうぞ

今日は満月

柴田勝家とお市の方、そして三姉妹が寄り添って見た満月

あの頃と変わって無いことを願って拝む満月でした

0 件のコメント:

コメントを投稿