2011年9月5日月曜日

栄光

天皇杯一回戦

対戦相手は長野県代表

松本山雅FC

大学以来の全国大会

しかも

松本山雅FCは

JFL上位のteam

Jリーグ経験者多数

っと、今後のJリーグを背負っていくteam

しかも会場は何万にも収容可能なスタジアム

最高の舞台でした

結果は

0-3

で、敗戦

結果だけみると惨敗

しかしあの会場にいた方ならそうは思わないと思う

あの松本山雅と対等に戦えていたと思う

スタメンの選手だけだはなく

サブの選手

ベンチに入れなかった選手

スタンドで応援してくれた方

みんなの思いを背負って戦ったから最後の最後まで頑張れたんだと思う

最後、山雅へ挨拶行った時に観客4000人から拍手が止まなかった

俺らがやったサッカーが間違いじゃないんだど思った

ほんとあの感覚はなんとも言えない

今まで色々な事を犠牲にしてきたが、サッカーしてきてよかったと思った

自分のやってきた事が間違いではないとようやく思えた時だった

しかし

逆に言えば結果だけみると惨敗

まだまだ

丸岡フェニックスがそれでいいんならそれまで

俺はもっとあの舞台に立ちたいと思った

みんながそう思ったと思う

だったらもっとやらなければならない

これからが本当の戦いだ

みんなが同じ気持ちなら絶対丸岡フェニックスは

飛躍

します

これからの丸岡に注目あれ

応援お願いします

『丸岡フェニックス!丸岡フェニックス!』

0 件のコメント:

コメントを投稿