2011年7月18日月曜日

運がないnow

さぁ始まりました

運があるのかないのか

それは今後進めていきます

まず運がない日の始まり

そうそれは、前回話した中学生の合宿に行く時の事

合宿会場はあわら市にあり自分の住んでる鯖江市から下道で一時間半かかる場所

高速道路では30分ぐらいなので味をしめて高速道路で会場まで

高速に乗って少したった時、急に車が

『バフン』

っとなり、車の中は真っ白

かき分けて外に出たら戦国時代へタイムスリップしてんちゃん!と思うぐらいの白い煙をかき分け外へ

パンクではなく、なんだで車が動くので芦原へ向かった

しかし数十m走ったら完全にstop

高速でのトラブルは人生で初

その時頭の中に過ったのが

『あれ?俺JAFの会員じゃね!』

って事でさっそくJAFに神call

『すぐ向かいたいんだすが、40分ぐらい外で待っててください』

とのこと

バカ炎天下の中

気づいたらタンクトップやけする中

JAFが見えたので両手でここだよー!って言わんばかり手を振るが違うと手を振り替えされスルーされ、高校時代にめちゃくちゃかわいい先輩が俺に手を振ってきて、えっ俺?っと思って軽く手を降ったら俺の後ろにいた先輩の友達に振ってた事を思い出すぐらい恥ずかしさの中

待ちに待ちました

やってきました

JAF

スーパーマンに見えました

ディーラーが待っている所まで行ってもらいました

その時にJAFの人に

『会員ですか?』

っと聞かれたので

『はい』

っと堂々と言ったら

『いやー大柳さん!残念!半年前に会員切れてますわ』

っと鼻で笑われ

『いやー高速っ高いんだよねー!大柳さん!25000円です』

って真顔で言われ

イラッときたので『はい』ってカードをだしたら

『いやー大柳さん!カードの限度額越えちゃってるからこのカード使えないわ』

ってカードを突き返され

往復で1kmあるコンビニまでDASH

25000円おろし、わざと素手で25000円握りしめて走り、汗だくの25000円を献上

そしてJAFは去ってきました

JAFほんとにありがとう

ほんとに

素直に車が動く間にインター降りていればこんな事にならなかった

と、大反省

まーいい勉強です

ほんとあかんですわ

そしてこの感謝と怒りの葛藤から生まれた中学生トレーニング

すごくいい感じでみんなつってました

しっかし、ついてない

0 件のコメント:

コメントを投稿