2011年3月13日日曜日

手と手を繋げば輪に

皆さんご存じの様に先週おきた

『東北・太平洋沖地震』

言葉にならない

今日のNHKのドキュメントで司会者が涙をながしていてた

自分も涙がでた

そして自分及び人間の無力さにただただ儚さを感じる

僕の大親友ヤストも現在岩手県におりすごく心配した

電話が繋がり安否を確認

無事だった

ほんと良かった

しかしまだ東北の人々は闘っている

食料不足

電力不足

二次災害

そして

身内の安否

計り知れない辛さだ

僕らは今、いつもと変わらない日々を暮らしている

お腹が減ったら食べ物があり、暗くなったら電気をつけ、家族と話す事が出切る

当たり前の事がほんとに幸せな事だと感じた

その

『当たり前の事』

が、出来ない被災地の方々

だから当たり前の事が出切る僕らは被災者の方々に当たり前の事が出切るように力を貸すのが当たり前なのだ

東北の人々も遠く離れた僕でも

同じ空を見て

同じ空気を吸って

同じ時間を過ごしている

だから仲間であり家族同然なのだ

こういう時こそみんなが手を繋ぎ手を伸ばしあえば

『輪』

となり、力となる


人間は一人ではなにも出来ない

しかし

皆が集まり、力を出しあえば大きな力となる

それが人間だ

皆がいるから支え合え耐えれる

今は涙を流して辛くたっていい

でも東北の人々はもっと辛い

だから僕らはもう泣かず同情せず力を貸してあげましょう

被災地は必ず復興する

絶対です

0 件のコメント:

コメントを投稿